コクリコ坂から ガリ切りとは 意味 週刊カルチェラタン

コクリコ坂からで「ガリ切り」という言葉が出てきましたね。

「コクリコ坂から」はある年代以下の人にはチンプンカンプンな言葉がたくさん出てきますので
↓この本でちょっと勉強した方が楽しめるかもしれませんね?

松崎海が、風間俊の文芸部で「ガリ切り」を手伝って、2人の中が親密になっていきますが…

では、「ガリ切り」の意味は?

「ガリ切り」とは「ガリ版印刷(謄写版印刷・とうしゃばんいんさつ)」の一工程のことで、簡易的なシルクスクリーン印刷のようなものです。
「ロウ紙」と呼ばれる原紙に鉄筆でガリガリと傷をつけて、その部分にインクが入って刷れる、という仕組みです。
この鉄筆で原紙に傷をつけていく作業を「ガリ切り」「ガリを切る」といいます。「ガリを切った」ものがそのまま印刷されるので、うまいヘタがもろに出ます。

昔の学校などの印刷物はほとんどこれでした。コピー機やプリンタが導入されるまでは現役でしたよ(私が学生の頃にはまだガリ版でした…って年がバレる(笑))

ちなみに、家庭用簡易印刷機の「プリントゴッコ」というのは、一種の謄写版印刷です(ガリ切り作業はありませんが)。
↓まだ現役で売っていますね。独特の味が出るので人気がありますからね〜

松崎海は見た目通り丁寧な字を書くらしく、風間俊にガリ切りの出来をほめられていましたね♪
posted by 腐男子 at 09:46 | Comment(0) | コクリコ坂から ガリ切りとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ荘 モデル 建物 コクリコ坂から

コクリコ荘のモデルとなった建物は?

↓「コクリコ坂から」は美術もすばらしい!


スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」の舞台となる横浜の「コクリコ荘」

コクリコ荘は、松崎海たちの住む実家で、下宿屋を営んでいます。

明治に建てられたというこの建物は非常に特徴的です。木造の洋館スタイルの2階建てに、海の祖母が住む和風の離れがくっついています。

この「コクリコ荘」のモデルになった建物は、横浜市にある「根岸なつかし公園」内の旧柳下邸だといわれています。
↓根岸なつかし公園 旧柳下邸の画像
コクリコ荘のモデルの建物

なるほど。

この「根岸なつかし公園 旧柳下邸」は、明治から昭和初期の時代に特徴的な「洋館付和風建築」という建築スタイルで、内部は完全に和洋折衷です。

横浜は「ハイカラ」な土地柄なので、以前はもっとこういう建物は多かったのではないでしょうか。

映画「コクリコ坂から」では、松崎海たちの祖父は医者で裕福だったらしく、しかも猫好きで2階の欄干に猫のシルエットが掘られていたり、とてもおしゃれで魅力的な建物です。

松崎海が風間俊に写真を見せた時も、最初祖父の写真を指さして「これお父さん?」と聞いたくらいの、いわゆる「伊達男」のようでした。

横浜にはこういったレトロで素敵な建物がたくさんあるんですね!
いつか「コクリコ坂から」の聖地めぐりをしてみたいです。




posted by 腐男子 at 00:57 | Comment(0) | コクリコ荘 モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 結末

コクリコ坂からの結末について。

↓参考資料(実際の映画とは細部が違っています)

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」の結末ですが、当然ネタバレになりますので、「とっておきたい」方は読まないでくださいね♪


↓ここから

松崎海によそよそしい態度をとってしまった風間俊ですが、原因は「父の写真」として海の家で見せられた一枚の写真でした。
そこには3人の商船大学の学生が写っており、そのうちの1人が沢村雄一郎つまり海の父ですが
実は風間俊は育ての父が別にいるらしく、おまけにその写真とまったく同じものが自分の家にもあったのです。

つまり、実の父は沢村雄一郎かもしれない上に、松崎海は妹かもしれないのです。

しかしあまりに松崎海に対してよそよそしい態度をとったため、本人に問い詰められてしまいます。
風間俊は「俺たちは兄妹かもしれない」と海に告げます。


愕然とする海。



その後、松崎海はアメリカから帰国した母・松崎良子に真実を尋ねますが、母も「あなたがお腹にいる時に、お父さんがある日、立花の息子だ、といって赤ん坊を抱いて帰ってきたの。そして自分の戸籍に入れてしまった」と、真実の核になる部分は知らないのでした。

立花とは、写真に写っていた二人目、立花洋(たちばなひろし)のことです。



そして映画のラスト、松崎海と風間俊は写真の最後の三人目・小野寺昭雄(おのでらあきお)にすべての真実を聞きます。
港洋丸の船長・小野寺昭雄は風間俊に「きみの父親は立花洋だ」と、はっきりと告げます。


つまり風間俊は立花洋の息子として生まれましたが、立花洋は終戦時に引き揚げ船の事故で亡くなり、俊を産み落とした母も亡くなってしまいました。

その後、松崎海の父・沢村雄一郎が赤ん坊を引きとり、孤児院に送られないよう自分の戸籍に入れたのですが、海の母はお腹が大きく、自分も船乗りのため、育てるのは困難でした。

それで、ちょうど赤ん坊を亡くしたばかりだった風間昭雄の夫婦に、俊を引き取ってもらったのです。


つまり風間俊と松崎海に血のつながりはありませんでした。



真実を受け取った2人は、風間昭雄が操縦するタグボートで港へと帰ります。

この時、松崎海は初めて海からコクリコ荘を見たのでした。
ひるがえる信号旗を晴れやかに見つめる風間俊と松崎海。



その後も松崎海は、前と変わらず毎日庭から港を航行する船に向かって信号旗を上げ続けます。
いつか帰ってくるかもしれない父や、多くの船乗りのために…


↓ラストシーンで流れるテーマソング「さよならの夏」
posted by 腐男子 at 23:12 | Comment(0) | コクリコ坂から 結末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 主題歌 さよならの夏 手嶌葵 森山良子 音楽

コクリコ坂からの主題歌・手嶌葵「さよならの夏」について。

「さよならの夏」は、もともとは森山良子が1976年に歌った曲です。
森山良子は歌手で、森山直太朗のお母さんですね。

この「さよならの夏」は作詞:万里村ゆき子、作曲:坂田晃一です。

しかし、この「さよならの夏」は、森山良子が歌ったオリジナルよりもはるかにいいですね〜

手嶌葵は「コクリコ坂から」で、挿入歌をいくつか歌っていますが、特に気に入ったのは、映画の冒頭で流れる「朝ごはんの歌」
矢野顕子とか松任谷由実っぽい感じの軽快な曲で、これをバックにかっぽう着を着た松崎海が朝ごはんを作ります。

↓おすすめ!

posted by 腐男子 at 19:00 | Comment(0) | コクリコ坂から 主題歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 声優 長澤まさみ 岡田准一 風間俊介 柊瑠美

コクリコ坂から・声優について。

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」の声優陣の紹介とレビューです。

松崎海の声優・長澤まさみ


「宮崎吾朗監督にしごかれて、ちょっと泣きそうになりました。」と、長澤まさみ本人はコメントしていましたが、なかなかどうしてピッタリはまっていました。

時折、長澤まさみ特有の甘ったるい声が少し出ていましたが、基本的には強くて清廉な松崎海を、言い意味でフラットに演じていましたね。

風間俊の声優・岡田准一


映画を見ていてV6の岡田准一だということはすっかり忘れていました。そのくらい自然でした。

水沼史郎の声優・風間俊介


こちらも違和感なし。理知的な水沼史郎を自然に演じていました。

松崎花の声優・竹下景子


大昔は「お嫁さんにしたい女優ナンバーワン」だったような…ついにばあちゃんの声を…
威厳がありなおかつやさしげな大ババ。

北斗美樹の声優・石田ゆり子


元気で明るいBG(ビジネスガール・昔のOL)が、石田ゆり子だったとは!

広小路幸子の声優・柊瑠美


今回一番びっくりしたのがこのキャスト。あの「千と千尋の神隠し」の荻野千尋ですよ!しかしあの個性的なキャラがはまっていた。

松崎良子の声優・風吹ジュン


さすがはベテラン。お母さん役もしっかり板についてました。

小野寺善雄の声優・内藤剛志


無骨な海の男を内藤剛志が無骨に演じていました。最後にちょっとチャーミングなシーンも。

徳丸理事長の声優・香川照之


さすがにこのおっさんの役は若干の違和感ありでした。




posted by 腐男子 at 18:00 | Comment(0) | コクリコ坂から 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 感想

コクリコ坂からの感想です。

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」ですが、一足先に試写会に行ってきたので、感想を書いてみます。
文章がうまくないので、レビュー程度にしかならないかもですが…


↓「コクリコ坂から」の美術設定 すばらしい!


「コクリコ坂から」は、ひとことで言うと青春映画そのものです。


空も飛ばない、猫バスや床下の小人も出てこない、もちろんファンタジーではない。

ただ、ひと組の若い男女が出会って、ある葛藤があり、離れて、自分たちの親の青春に触れ、それらすべてを取り戻す物語。


それを実写映画でなく、アニメでやる意味があるのか?

大いにあります。


現実にありそうな話ばかりをアニメでやって、退屈ではないのか?

退屈どころか、楽しくて、おしゃれで、アツい映画です。


「コクリコ坂から」では、二つの時代が描かれます。


ひとつは松崎海たちの生きる1968年。

東京オリンピックの前年で、学生運動も盛り上がりを見せ、世の中すべてが改革の波にのまれ、なんだかざわざわしていた時代です。


そしてもうひとつは海たちの親の世代、太平洋戦争とその終戦の時代。

とにかく日本全体がめちゃくちゃになり、みんなが大変な時代でした。

海の父親・沢村雄一郎が出会う悲劇は、日本から見ると戦争の後始末の課程で起こった出来事です。


松崎海が毎朝、コクリコ荘の庭から海に向かって上げる信号旗は、父親に対するメッセージであり、二つの時代をつなぐ架け橋です。


そして、「コクリコ坂から」の予告CMでは、手嶌葵の「さよならの夏」が繰り返しかかっていますので、「湿っぽい映画なのかな?」と思われるかもしれませんが…

まったく湿っぽいところはなく、カラッと明るい映画です。
生き生きとしているというか…

特に楽しいのは、コクリコ荘の下宿人たちと、「カルチェラタン」の住人(文化系部員)たちです。
のっぽの画学生・広小路や、哲学部の部長などの個性的な面々がたくさん登場し、ジブリアニメ定番のモブ(群衆)シーンもあります。

また、今回の「コクリコ坂から」は、音楽も楽しい!
いつもの久石譲ではなく、手嶌葵の挿入歌以外の主なBGMは武部聡志という方で、かなりベテランの音楽プロデューサーです。
BGMが場面に合わせて、ジャズ風だったり、ビッグバンド風だったり、インスト・ロック風だったりで、すごくおしゃれなんです。

今までのジブリアニメに比べて、音楽の使い方のセンスがいい!


そして自分的には、この「コクリコ坂から」は、すべてのスタジオジブリの映画の中でも、ベスト5に入る感じです。


ただ、難を言えば、年配の方はともかく、若い方にはちょっと理解不能なネタが多いかもしれません。

特に「学生運動」「ガリ切り」「朝鮮戦争」などなど…

なので、↓こちらをご覧になって、予備知識を入れてから映画館へGO!



posted by 腐男子 at 16:23 | Comment(0) | コクリコ坂から 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 広小路 声優 柊瑠美だった!「千と千尋の神隠し」の荻野千尋ですよ。

コクリコ坂からの広小路(ひろこうじ)の声優は?

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」で、コクリコ荘の下宿人の1人、広小路幸子というキャラクターが登場します。

広小路は画学生(美術大学の学生で絵を描く)。かなりの長身で、おかっぱとメガネ、ぬぼーっとしたしゃべり方で食い意地が張っている、という個性的なキャラ。

2階の窓から風間俊の乗るタグボートを毎日見ているらしく、俊の乗るタグボートの絵を描いたり、予告CMでも「よく通る船だよ メルが上げると返事しているみたい」というセリフが使われていました。

実はこの広小路幸子の声優は、あの「千と千尋の神隠し」でヒロインの荻野千尋を演じた柊瑠美(ひいらぎるみ)!

彼女だってまだ23歳なんですが…時の流れを感じます。

しかし私、「コクリコ坂から」の試写会に行ってきたんですが、広小路が柊瑠美とは、まったくわかりませんでした(笑)

広小路は、かなり印象的でツボにはまりましたが、実はエンディング(スタッフロール)でビジュアル的に重要な役目を果たします。
posted by 腐男子 at 15:00 | Comment(0) | コクリコ坂から 広小路 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 港南高校のモデルは?

コクリコ坂からの港南高校のモデルは?


海たちの通う横浜の私立高校は港南高校。
風間俊は3年生で来年卒業・大学受験は国立狙い、松崎海は2年生でぼんやりと「お医者さんになれたら」と思っているという設定です。

港南高校は私立高校で、中・高一貫校です(海の弟の陸は同じ港南学園の中等部)。
港南学園は2年前に男子部と女子部が統合されました、と「脚本 コクリコ坂から」に書いてありました。

それではこの「港南高校」のモデルとなったのは?

「コクリコ坂から」の港南高校の場所を推測すると、港を眼前に見下ろす海たちの住むコクリコ荘から見て山側の奥に位置するように見えます。

コクリコ荘の位置はおそらく現在の「港の見える丘公園」の付近と考えられますので
候補がいくつかに絞られます。

横浜雙葉中学高等学校


1900年開学の由緒ある中高一貫校。ただしキリスト教(カトリック)系の女子校。


横浜共立学園中学高等学校


1871年開校の由緒ある中高一貫校。ただしここもキリスト教(プロテスタント)系の女子校。


フェリス女学院中学高等学校


上に同じ。

とういわけで、すべて中高一貫校ですが、ミッション系の女子校ばかりです。

実際にはコクリコ荘から足で通える場所にモデルとなった高校はなさそうですが
可能性が高いのは共立かフェリスでしょう(雙葉学園の建物は米軍の空襲で消失しています)。



コクリコ坂から 出生の秘密

コクリコ坂からの出生の秘密とは?
■スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」の脚本を担当した宮崎駿が、このようなことを書いています。
少女も少年達も純潔にまっすぐでなければならぬ。 異性への憧れと尊敬を失ってはならない。出生の秘密にもたじろがず自分達の力で切りぬけねばならない。



では、この「出生の秘密」とは何か?※以下ネタバレ

↓「コクリコ坂から」出生の秘密はすべてここに


「コクリコ坂から」のヒロイン・松崎海は、海で行方不明になった父親を想って、コクリコ荘の庭から海に向かって毎日信号旗をあげています。

海は17歳で、終戦の翌年(昭和21年)に生まれています(ここが重要です)。


そして、同じ高校に通う1年先輩の風間俊を好きになるわけですが…


その風間俊が海の家に行った時に、海の父の商船大学時代の写真を見せられます。

写っていたのは、制服を着て並んで写る3人の若い男。そのうちの1人は海の父の沢村雄一郎(さわむらゆういちろう)です。

実は風間俊は養子で、その写真とまったく同じ写真が自分の家にもあり、育ての親(風間昭雄)からは「実の父親の名前は沢村雄一郎だ」と聞かされていたのです。

風間俊は、自分と海がもしかして兄妹かもと悩み始め、次の日から海に対してよそよそしく接してしまいます。


そのことを俊から聞かされた海は、アメリカから帰国した母親にそのことを問いただすのですが
実は海の母・良子も、ある日父が見知らぬ赤ん坊を抱きかかえて帰り、この子は親友の立花の子で、両親も死に、親戚も原爆で死んだからといって自分の戸籍に入れてしまった、ということで本当の真相は知らなかったのです。

立花とは、父と一緒に写真に写っていた1人、立花洋(たちばはひろし)の事です。

そして映画「コクリコ坂から」のクライマックスで、松崎海と風間俊は写真に写っていた最後の1人が大型タンカーの船長をしていると知らされ、出航前に2人で乗り込んで真相を聞きに行きます。

航洋丸の船長・小野寺善雄(おのでらよしお)は、「君の父親は立花洋だ。私だってもしあの時立花のそばにいたら、沢村と同じ事をしただろう」と、はっきり伝えます。


つまり海の父沢村雄一郎ですが、風間俊の実の父は立花洋で、赤ん坊がひとりぼっちになったので、自分の戸籍に入れてしまった。

その後にくわしい事情を説明せず(おそらくあえて)、赤ん坊を亡くしたばかりで悲嘆に暮れていた風間昭雄夫妻に、俊を託したのです。

その後、真相を知っていた沢村雄一郎は朝鮮戦争で地雷除去に向かい、行方不明になったのです。


そういうわけで、海の母・良子も、俊の育ての父・風間昭雄も本当の事情を知らずに、実の父(立花洋)の名前は戸籍のどこにもなかったというわけです。


今の世の中の感覚でいうと信じられないような話ですが、この頃は養子をもらうというのはごくあたりまえに行われていましたし、戦争などで親のいない子、子供を亡くした親は日本中にゴマンとあふれていましたから、それほど珍しい話でもないと思います。

以上がアニメ映画「コクリコ坂から」の出生の秘密です。
posted by 腐男子 at 22:37 | Comment(0) | コクリコ坂から 出生の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 場所 舞台 聖地 地図 横浜の港の見える丘・コクリコ荘とはどこにある?

コクリコ坂からの場所はどこ?

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」ですが、映画の中ではかなりリアリティのある風景がたくさん出てきて、コクリコ荘はあたかも実在の建物のような気になりますが

映画の舞台は横浜に違いないですが、コクリコ荘は架空の建物ということになっています。

しかし周辺の場所などは具体的にわかる背景がたくさんあり、以下のような特長があります。


・高台になっており、しかも眼前に海(港)が迫っている

・周囲にわりと緑が多い

・坂をまっすぐ下りると、「川」がある?

・海たちの通う「港南学園」は、コクリコ荘の山側の奥(港と反対側)にあるようだ


そこから推察すると
横浜の「港の見える丘公園」の付近ではないか?と思えます。

「コクリコ坂から」の場所・舞台・聖地と思われる「港の見える丘公園」の地図

大きな地図で見る

では、海たちの通う「港南学園」はどこの学校がモデルなのか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。