宮崎駿・スタジオジブリの2013年公開の最新作は「風立ちぬ」?ゼロ戦を設計した堀越二郎の生涯を描くのか?

スタジオジブリ宮崎駿の最新作は、2013年公開で、「風立ちぬ」という宮崎駿が連載していた漫画が原作になるという情報が出ています。
↓くわしい記事はこちら
宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 2013年公開映画 風立ちぬ あらすじ 原作 画像

これは宮崎駿が「月刊モデルグラフィックス」という兵器模型雑誌に2009年4月から細々と連載していた作品ですが、わずか9話で終わった小品です。

これが宮崎駿が月刊誌「Cut」のインタビューで語った次回作の内容とかなり符合しているわけです。
またNHKで放送されたドキュメント番組「ふたり」の中で語った内容とも近いですが、鈴木プロデューサーの「次の新作は宮崎さんの自伝的内容になる」という発言だけがちょっと気になりますね。

宮崎駿の雑想ノート 宮崎駿監督の場合、こういったアイデアスケッチ的なものが膨らんで、ひとつの映画になるパターンが多いですね。



posted by 腐男子 at 01:30 | Comment(0) | 宮崎駿 最新作 風立ちぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。