コクリコ坂から 食事シーン ハムエッグ、アジフライ、カレーライス…松崎海のつくるメニューはかなりハイカラ?

コクリコ坂からの食事シーンについて。

スタジオジブリのアニメといえば、いつも食事シーンがかなり多く登場し、まだ非常にこだわりを持って描かれていますが

ハウルの作るベーコンエッグがウマそう「ハウルの動く城」


↓ついにインスタントラーメン登場(笑)「崖の上のポニョ」

最新アニメ「コクリコ坂から」でもそれは踏襲されている…どころか、これはヒロインの松崎海が、とにかく家族と下宿人の胃袋を満たすために毎日毎日朝食・夕食づくり(加えてお弁当まで!)をこなす内容になっているので

必然的に食事シーンは多いわけです。


しかし、松崎家のメニューは昭和38年当時としては、かなりハイカラなモノが多いですね!

・最初の朝食メニュー メインはハムエッグ

・ある日の夕食メニュー アジフライ

・別の日の夕食メニュー カレーライス

一度魚屋でカレイを買っていたので、それはもしかして煮付けかもしれませんが…(具体的な場面なし)

つまり純和食は1回も登場せず。


また、コクリコ荘自体も、洋館付和風建築というハイカラな造りの建物ですし
食堂も畳ではなく、板の間にテーブルと椅子という組み合わせでした。

これは、医者だった曾祖父や祖父の「ハイカラ趣味」から来ているのでは?



posted by 腐男子 at 19:16 | Comment(0) | コクリコ坂から アニメ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜ロードショー ジブリがいっぱい 2011年7月 放映予定 3週連続豪華4本立て 海がきこえる

金曜ロードショーの2011年7月の「ジブリがいっぱい」スタジオジブリ作品の連続放映予定は以下です。

「コクリコ坂から」で主演をつとめる長澤まさみが紹介してました。

2011年7月1日 「もののけ姫」


2011年7月8日 「魔女の宅急便」


2011年7月15日 (19:00から2本連続放送)
「海がきこえる」


「ゲド戦記」


おすすめは何といっても、ハイビジョン放送は初となる「海がきこえる」

スタジオジブリ作品ながら、宮崎駿がまったく関わっていないめずらしいパターン。

それゆえ、あのくどいおっさんでは絶対に作らないであろう、実に安穏とした「イマドキの若者」のまったりとした青春ストーリーでした。

しかしこの「海がきこえる」は、確実にあの時代の「空気」を捉えていて、この作品を観た宮崎駿はよっぽど嫉妬したのか、メチャクチャにこき下ろしたあげくに、「俺にだってあんなん作れるわ!」とばかりに、後に近藤喜文が監督をやっていた「耳をすませば」に口を出しまくって近藤監督を追い詰め、最後は「イジメ殺した」ようなものだったようです(これは宮崎駿自身が認めています)。
posted by 腐男子 at 23:19 | Comment(0) | コクリコ坂から アニメ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクリコ坂から 金曜ロードショー ジブリ作品3週連続放映 2011年7月1日から もののけ姫 魔女の宅急便 海がきこえる ゲド戦記

スタジオジブリの最新アニメ映画「コクリコ坂から」の2011年7月16日の公開に合わせ、「金曜ロードショー」で、過去のスタジオジブリ作品が3週連続で放映されます。


2011年夏からの「金曜ロードショー」ジブリ映画放送スケジュールは以下です。

2011年7月1日 「もののけ姫」
2011年7月8日 「魔女の宅急便」
2011年7月15日 「海がきこえる」「ゲド戦記」(19:00から2本連続放送)

ジブリの劇場アニメ映画公開に会わせて、過去の作品が「金曜ロードショー」で連続放送されるのは最近のパターンですが、注目は公開直前の7月15日のスペシャル・テレビ2本立て。

特に今回の目玉は、金曜ロードショーでの放映自体が初では?と思われる「海がきこえる」でしょう。

「海がきこえる」は高知を舞台にした、ジブリには珍しい青春モノのアニメですが、名作という呼び声が非常に高いです。
実はスタジオジブリと関わりの深い徳間書店の「アニメージュ」で「アニメがらみでない作家の小説を載せたい」と、コバルト文庫で人気のあった氷室冴子に白羽の矢が立って、アニメージュ紙上で連載が始まったものです。つまりほとんどアニメ化前提のような小説でした。


今でいうライトノベルですかね?

1993年にスタジオジブリとしては初めて宮崎駿がまったく制作に関わらないテレビアニメ(スペシャル)として制作され、夕方4時からという放映時間からは異例の視聴率17.4%を記録。

原作の小説では続編「海がきこえるII〜アイがあるから〜」が執筆されましたが、原作者の氷室冴子が51歳で亡くなってしまったため、さらなる続編は書かれませんでした。


そしてこの「海がきこえる」は、スタジオジブリ作品で、職業(専業)声優が主人公の声を当てた最後の作品でもあります。何もかも異例ずくめですね。

「ゲド戦記」は正直クソなので、こっちを見ましょう!もっとも連続して放送されますが…

posted by 腐男子 at 16:43 | Comment(0) | コクリコ坂から アニメ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。